白石湯沢温泉 やくせんと伝説

白石市内から七ヶ宿街道を山形に向かい 車で25分国道

から小道を入り5分くらいで「やくせん」に着きます。

宮城県と福島県の県境に位置する白石湯沢温泉。

1,200年の歴史をもつここの温泉の泉質は、各種の病気

に効能があると評判を呼び飲用に適した泉質なため飲用にポリタンクを

持参してお風呂に来る方が後を絶たないようです。

飲用して胆のう炎・胆石症・便秘・糖尿病・痛風に効くと話題に

なっているそうです。

湯沢から30分行くと七ヶ宿のそば街道や七ヶ宿ダムと秋の

紅葉シーズンなどは多くの観光客が訪れ山菜を楽しみながら

ゆっくりお風呂につかるのも良いでしょう。

以下はやくせんのご主人からお聞きした伝説です。

今からおよそ1200年前ほどの大昔、七ヶ宿街道下戸沢宿の湯元という所に
一軒の湯宿があった。
ある日、みすぼらしいお坊さんがやってきて、「一夜の宿を」と願い出たところ、
宿の女将さんは頭の先から足の先まで見定め、このお坊さんからはお金を取れない
と思い、「今夜の宿はいっぱいです。」と断ったそうです。
そう言われたお坊さんは「せめて、納屋でも物置でも」とまた願い出たそうです。
しかし女将さんは「そこもいっぱいです。」と断ったそうです。
困ったお坊さんは「では立ち去る前にせめて足だけでも湯につからせて下さい」
とお願いしたところ、「足だけ湯につからせるので早々に立ち去りなさい。」
と言ったそうです。
お坊さんは喜び足を湯につかり、わらじをはいて立ち去ろうとした時、
お湯がふき出している所に神社がまつられているのを目にし、まつってあった
お幣束を一枚取り、湯澤の川へ流したそうです。
そして、湯のふき出ている所へ杖を「えい!」とばかり力を入れて、突き立て、
「お幣札が流れ、たどり着いた所に熱いお湯が出る」と言い残したそうです。
幾日か、過ぎたある日、お幣札のたどりついた所の田、畑のあちらこちらに

熱いお湯がたくさん出てきたそうです。

ランプの宿 湯浜温泉

秘湯という言葉があてはまる温泉です、近くの国道398号の道端に

車を止め徒歩(山道)10分で湯浜温泉 三浦旅館に着きます

三浦さんのお宅は昔平家の落武者だったと聞いたことありました

幕末に熊狩りのマタギにより発見された温泉とお聞きしています

ラジオもテレビもないほんとの大自然の中で入る温泉は時空を越えた

瞬間に遭遇した気持ちにさせてくれます。

秘境や秘湯に興味の方を虜にする温泉でしょう

タグ:秘湯

山の宿追分温泉

石巻市から車で約1時間河北町から北上川を越え、太平洋に向かい走

りますン地図を見ながらたどり着いたのが こんな山中と思うほど

の場所に建つ「追分温泉」です、交通の便としては余り良くありませ  
んが、結構お客さんの多いです、 山中にあるのは昔金山があったと

ころなんです、金山に湧いた冷泉を沸かし温泉としているのです

三陸の海岸に近いこともあり観光帰りに立ち寄る人もいるようです。

ここの温泉の一押しはなんと言っても樹齢500年以上のかやの木で

作ったお風呂でしょう

檜のお風呂はどこでもみられますがかやの木で作ったお風呂はあまり

無いと思います

山懐に抱かれた温泉に入り時間を忘れ三陸の恵みを味わうとこの上な

い 喜びに包まれることでしょう。

みちのく路に立つ

東北本線鹿島台駅で下車し、市営のミニバスに乗車すると15分で大崎

平野に浮かぶ丘の頂にたつ、みちのく路があります。玄関前にたち東

側を見るととても素晴らしい眺めです。昭和60年の開業は厚生省の国

民年金保養センターとしてオープンしましたが、温泉が人気を呼び

日帰り入浴を始めたのです。2006年からは経営が民間に売却され

ましたが日帰り温泉は相変わらず人気があるようです。

みちのく路の源泉は少ししょっぱく塩泉なのでしょう、体があたたま

ります・

みちのく路の周辺は良質な地下水が豊富にあるところで、有名な

酒造メーカーがあり酒造で使い切れない水をミネラルウォーターとし

て出荷しているとも聞いています。

又みちのく路のある大崎市鹿島台は春4月と秋11月に有名な互市

があります、中心商店街の裏通りの小路に300店を越える植木店

木工品食べ物店等々露天が並び春は農作業前の野菜の苗を求める人

秋は収穫を終えた農家の人が冬を前にひと段落の気分で10〜12日

の3日間で3万人以上の人出があり季節の風物詩として有名です。

ゆっくり互市を見学し、冷えた体をみちのく路の温泉で温まって

帰るのもいいかもしれません。

作並温泉で

仙台駅で仙山線に乗り換え作並駅で下車しバスで5〜10分で作並温泉で

す。広瀬川の上流に位置し、山形県境の近くにあり、秋保温泉ととも

に仙台の奥座敷として親しまれてきました。

養老5年(721年)に僧、行基が発見したといわれ、文治5年(1189年)

には藤原氏討伐の源頼朝軍が休息を取ったとされる。源泉は広瀬川の

川床に数多くあり、湯量も豊富で岩風呂や露天風呂のある宿が多く。

温泉と自然がマッチした温泉郷です 近辺は伝統こけしの産地であ

り、温泉街の入口では大きなこけしが出迎えてくれる。

作並から山形にかけての一帯は緑と自然がふんだんにあり空気

と水が良いため昭和40年代にはウヰスキー工場も進出しています

遠刈田温泉をたずねる

新幹線白石蔵王駅からバス50分で遠刈田おんせんに着きます、

1600年ころに発見された比較的新しい温泉です 蔵王連邦を見渡せる

緑と自然豊な温泉郷です 保養温泉として利用されてきた歴史があり

ます

商店街の中に温泉が点在し共同浴場などもあり気軽に温泉を

楽しめるところです、又鳴子同様にこけしが有名で温泉街の周辺に

工房がたくさんあります

蔵王に近いことから冬場はスキーに訪れる方が多くゲレンデ迄

も大変近いところです

保養温泉の言葉通り日帰り温泉がたくさんあり、安いところは入浴料

300円のところもあります。

秋保おんせん郷

仙台駅からバスで約1時間で秋保温泉につきます、杜の都仙台の奥座敷

と称される秋保温泉の歴史は、今から約1500年前と伝えられ藩政時代

には伊達家の入浴場もおかれたと言われています。のちには豊かな自然

環境とともに庶民の憩いの温泉として広く慕われています。

又第29代欽明天皇(509〜571)が天然痘(皮膚病)を患った際、取り

寄せた秋保の湯で全快したことで「名取の御湯」の称号を賜ったとさ

れ温泉の下を流れる渓谷が名取川と呼ぶ所以ともいわれています。

秋保は仙台に近いことからリゾート温泉として観光客が多いようです

鳴子温泉を訪ねる

東北新幹線の古川駅で陸羽東線に乗り換え約1時間で鳴子温泉駅に

着きます、鳴子温泉駅の北側を流れる荒雄川を見下ろす一帯に。近代

的なホテルや大型旅館が並ぶ、温泉街です。そのいわれには(835年)

に潟山が大爆発し、熱湯が轟音をあげて噴出したことから「鳴郷の

湯」と名付けたとする説があります。飯坂温泉、秋保温泉とともに奥

州三名湯に数えられてきたところでもあります、首がキュッキュッと

鳴る伝統のこけし、鳴子こけしの里としても名高いです。

鳴子火山の噴火口にできたカルデラ湖、潟沼は日本有数の酸性湖で周

囲に硫黄の匂いが漂います。

昭和30年代頃は農閑期になると宮城内外の地区から湯治湯に来る

方々で賑わい40年代以降は観光ブームに乗って県内外から多くの観光

客で賑わいました。春は山菜取り・夏は高原でキャンプ・秋は鳴子峡の

紅葉・冬はスキーなどのウインタースポーツと温泉とレクリエーショ

ンがマッチした楽しみがあります。

又鳴子のお湯の泉質は日本の温泉は11種類の泉質がありますが

鳴子ではこのうち9種類もの温泉が楽しめるのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。