仙台の奥座敷 作並温泉

広瀬川の上流山形県に向かう国道48号沿い緑の山あいの中に作並温泉がある 養老5年行基によって発見されたと伝えられている 源頼朝が平泉に攻め入った時は軍勢が兵馬を休めたとも言われている
江戸時代になり現在も営業されている岩松旅館のご先祖が伊達藩の許可を得元湯を開いたのが寛政八年で さらに安政元年には秀泉というお坊さんが新湯を開いたとなっています 明治に入ってからは作並は仙台や近隣の村からの湯治場として発展していきます
作並も近年は経営の近代化に伴い観光ホテルへの変身を遂げる旅館が多くなりました
作並には渓流沿いの温泉らしく渓流を眺めながら入れる露天風呂や緑の山々が間近に見られる大浴場などでお客を楽しませてくれます
自然がいっぱいの作並は渓流釣りの楽しみや ウイスキー工場の見学
定義山への参拝などの観光スポットに近いところでもありま。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。