峩々温泉 濃密な山の気が包む

遠刈田温泉から蔵王エコーラインを通り途中で右折して登っていくのが峩々温泉です 蔵王の山を這い上がるかのような緑の壁 広大な樹海は
天空にせりあがる様ですまさに「秘湯」と呼ぶにふさわしいです 緑のジュータンの様につながる森とあちこちに見られる断崖絶壁は深い静かな空間に包み時間の経過がゆったりと動いている錯覚にとらわれます
都会の賑やかなところで生活している人々は下界から隔絶された感覚が逆に大きな喜びとなるのではないでしょうか!!
峩々温泉のお湯が発見された歴史は比較的浅く明治二十年です 明治二十九年から営業を開始したようです 無色無臭で透明な湯は胃腸病に効くといわれています 営業開始から五代百二十年の歴史ですが経営者は代々峩々の静さを守ることにこだわっています
宿では、接待なし、宿泊客は宴会・カラオケ・麻雀は厳禁です 「余計なことはせずそれぞれの時間でのんびりお湯を楽しみ静に峩々温泉浸ってもらいたい」のが宿のサービスなのです 渓谷沿いのお湯に浸かり背音を聞きながらの入浴は日頃のストレスなどたちまち吹き飛んでしまいそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69987836

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。