松島 湯の原温泉

松島には温泉はないと思っている方が多いですが昔より地元の人々や

近郊の人々に湯治場として親しまれてきたのが湯の原温泉です、松島

唯一の温泉法に基づく正規の温泉で、歴史は古く天長年間に慈覚大師

が霊泉を求めてこの地にきた際、独鈷で岩を打つと薬湯がわきでた

が、松島天台宗が滅亡したときに不思議と冷泉にかわったという言い

伝えがあります。地元の人々のリフレッシュ健康維持の湯として、観

光客にも行楽帰りのひと風呂に利用されています。

基本的に素泊まりのみの湯治場的な宿ですが、持ち込み自由で出前も

受けているので便利です。

ここの源泉は故事に有るとおり14.5度の冷泉を沸かして使っています
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。