作並温泉で

仙台駅で仙山線に乗り換え作並駅で下車しバスで5〜10分で作並温泉で

す。広瀬川の上流に位置し、山形県境の近くにあり、秋保温泉ととも

に仙台の奥座敷として親しまれてきました。

養老5年(721年)に僧、行基が発見したといわれ、文治5年(1189年)

には藤原氏討伐の源頼朝軍が休息を取ったとされる。源泉は広瀬川の

川床に数多くあり、湯量も豊富で岩風呂や露天風呂のある宿が多く。

温泉と自然がマッチした温泉郷です 近辺は伝統こけしの産地であ

り、温泉街の入口では大きなこけしが出迎えてくれる。

作並から山形にかけての一帯は緑と自然がふんだんにあり空気

と水が良いため昭和40年代にはウヰスキー工場も進出しています
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。