鳴子温泉を訪ねる

東北新幹線の古川駅で陸羽東線に乗り換え約1時間で鳴子温泉駅に

着きます、鳴子温泉駅の北側を流れる荒雄川を見下ろす一帯に。近代

的なホテルや大型旅館が並ぶ、温泉街です。そのいわれには(835年)

に潟山が大爆発し、熱湯が轟音をあげて噴出したことから「鳴郷の

湯」と名付けたとする説があります。飯坂温泉、秋保温泉とともに奥

州三名湯に数えられてきたところでもあります、首がキュッキュッと

鳴る伝統のこけし、鳴子こけしの里としても名高いです。

鳴子火山の噴火口にできたカルデラ湖、潟沼は日本有数の酸性湖で周

囲に硫黄の匂いが漂います。

昭和30年代頃は農閑期になると宮城内外の地区から湯治湯に来る

方々で賑わい40年代以降は観光ブームに乗って県内外から多くの観光

客で賑わいました。春は山菜取り・夏は高原でキャンプ・秋は鳴子峡の

紅葉・冬はスキーなどのウインタースポーツと温泉とレクリエーショ

ンがマッチした楽しみがあります。

又鳴子のお湯の泉質は日本の温泉は11種類の泉質がありますが

鳴子ではこのうち9種類もの温泉が楽しめるのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 飯坂温泉飯坂温泉(いいざかおんせん)は、福島県福島市(旧国陸奥国、明治以降は岩代国)飯坂町にある温泉。宮城県の鳴子温泉、秋保温泉とともに奥州三名湯に数えられた。.wikilis{font-size:1..
Weblog: 温泉街へ行こう!
Tracked: 2007-10-01 09:39


Excerpt: 飯坂温泉飯坂温泉(いいざかおんせん)は、福島県福島市(旧国陸奥国、明治以降は岩代国)飯坂町にある温泉。宮城県の鳴子温泉、秋保温泉とともに奥州三名湯に数えられた。.wikilis{font-size:1..
Weblog: 温泉GO!GO!ガイド
Tracked: 2007-10-14 09:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。